お問い合わせ | 有限会社プライムシステムズ | 計測・制御システム開発には、Smart-USB Sigma / Smart-USB Plus が最適です | FPGA開発ボード

プライバシーポリシー privacypolicy

製品保証と修理

製品保証の考え方

製品ご購入後6ヶ月間に限り、製品が正常動作しない場合は無償交換いたします。
ただし、当社製品はお客様の設計した回路をFPGAにプログラムしてボード運用するので、お客様の回路の不具合により製品の正常動作ができなくなった場合には、有償修理とさせていただきます。

当社のボード製品は、お客様が自由にコンフィギュレーションして使用できるFPGA-I/Oピンと、ボード機能実現のためにFPGA周辺回路にアサイン済みのFPGA-I/Oピンがあります。すでにボード製品上でピン入出力属性も決定しているFPGA-I/Oピンを、お客様がボード上の機能と異なるピン入出力属性でピンアサインすると、信号の衝突が発生する場合があり、FPGA-I/Oピンが破損する場合もあります。 この様な場合にはご購入後6ヶ月以内の製品無償交換対象期間中でも有償修理とさせていただきます。

FPGAのピンアサインについては、製品に添付するサンプルFPGAプロジェクト(回路)内で、ピン設定ファイル(アルテラFPGA:xxxx.tcl、ザイリンクスFPGA:xxx.xdc)を提供しています。このファイルを利用することで、間違いのないFPGAピンアサインができます。ご利用ください。
 
また、FPGAプロジェクトをコンパイル後には、必ずピンアサインが正しく行われたかどうか確認するようにしてください。 過去発生したボード製品の破損の原因は、ピンアサインの誤りと、ボードへの過電圧印加によるものです。
 

製品修理について

製品が正常動作しない場合、当社宛に製品を送付していただきます。
当社で不具合状況の再現や原因を究明し、修理可能な場合は 「修理見積書」をお客様に提示いたします。これにご同意いただいた上で、実際に製品修理を行います。お客様の修理指示(発注)がない限り、製品修理作業は行いません。
 
また、当社にて製品に不具合が認められない場合、送料をお客様負担にて即日返却いたします。
お問い合わせフォームまたは電話、Eメールで製品不具合内容をお知らせください。 
動作しなくなった原因が判明していれば、お言付けください。
 
 

過去の製品修理事例

【症状】 KX-Card7ボードと外部基板をケーブル接続したら、いつの間にかFPGAのコンフィグができなくなっていた。 FPGAが発熱していた。

【原因】
KX-Card7のFPGAピンアサインの間違いにより、入力ピンのところ、出力ピンとしてアサインしてしまい、外部基板から受信する信号と衝突・短絡によりFPGAが発熱していた。

【修理内容】
FPGAが壊れていたので、FPGAを新しいデバイスと交換。
費用8万(デバイス代とFPGA実装リワーク作業費用)、修理期間10日間。

【注意事項】
壊れたFPGAを基板から取り外す場合、約3%の確率でパターンが破損する場合があります。パターン破損の場合は、作業を中止してお客様の判断を仰ぎます。
 
 

【症状】 CX-Card2ボードに 5V給電しても動作しない。ボード上の赤LEDが点灯しない。

【原因】
お客様が誤って12VのACアダプタを使用してしまったため、ボード上のコンデンサが破壊されていた。5V-GND短絡。

【修理内容】
目視で燃えたコンデンサ 2個を特定し、新しい部品に交換。
無償で対応。

【注意事項】
送料のみお客様にご負担。