ニュースリリース | 有限会社プライムシステムズ | 計測・制御システム開発には、Smart-USB Sigma / Smart-USB Plus が最適です | FPGA開発ボード

ニュースリリース newsrelease

4ch同時サンプリング対応 小型AD変換ボード「HSAD50」を発表

HSAD50 : 50Msps 14bit 4ch ADC board

 先端エレクロニクス・システムとシステムLSIの開発企業、有限会社プライムシステムズ(本社:長野県茅野市、代表取締役:内田正典)は、本年3月12日、Smart-USB Sigma製品のFPGAシステム開発ボードに接続して利用できる小型で4ch同時サンプリングに対応したAD変換ボード『HSAD50』を3月27日から販売することを発表しました。

このAD変換ボード ”HSAD50”(以下、本ボード)は、USB3.1インタフェースと高性能FPGAを組み合わせたシステム開発ボード『SX-Card7』や『AX-Card7』のオプションボードとして開発しています。無償で提供するデータ収集のためのFPGAサンプル回路とリファレンス制御アプリを利用することにより、製品購入後、速やかにAD変換システム開発を始められます。

本ボードとFPGAシステム開発ボードは、LVDS(SERDES)信号でインタフェースし、チャネルあたり700Mbpsのデータレートで高速かつ高品質なデータ転送ができます。本ボードを採用することで、レーダーシステムや超音波による非破壊検査システム、汎用の計測機器開発等の開発工数を短縮し、高性能・高機能なシステムを設計・製造することができます。



【価格と供給時期について】

製品名: 4ch 高速AD変換ボード

型番と価格: HSAD50    84,000円(税別)

供給時期: 2020年3月27日発売



【製品仕様】

・2Vpp 50Ωインピーダンス入力(シングルエンド)MMCXコネクタ

・デジタルI/O 100本(LVDS 26ch設定可能)

・AC結合(トランス結合) 250KHz~

・サイズ 91 x 75(mm)

【組み合わせ可能なボード製品】

・ AX-Card7/100C2  (AX-Card7/35C2は接続できません)

・ SX-Card7/75C2