事例 | 有限会社プライムシステムズ | 計測・制御システム開発には、Smart-USB Sigma / Smart-USB Plus が最適です | FPGA開発ボード

事例 applicationexamples

Measurement

特徴

● 既存製品の組み合わせだけで、主要な計測・制御システムをすぐに構築できます。

● PCと連携し、長時間・連続したデータの収集、生成が可能です。

● 1台のホストPCから複数台のFPGAボードを制御可能です。
通信システムのベースバンドレベルでの送信/受信や、ADチャネル数の追加などがすぐにできます。

● FPGAで並列高速処理 + CPUコアで信号処理 + USBtでPCと連携したデータ処理が可能です。

(USB2.0の場合:平均40MB/s、USB3.0の場合:平均350MB/s)

 

<用途>

・ソナー / レーダー計測制御
・各種センサデータの計測処理
・組込みシステムのトレースデータ収集
・カメラリンクを利用した画像データ処理
・ADコンバータを利用した検査システムのデータ収集、データ処理
・DAコンバータによるモータ制御
・検査ラインのデータ収集・制御システム

64ch 計測システムの例

100MSps 16ch同時サンプリング対応のHSAD100DとARM Cortex-A9内蔵のZQ-Cardを組み合わせて、64ch同時サンプリングのAD変換システムを構築できます。
チャネル数を増やしたいときには最大10台(160ch)まで拡張ができます。
 
Cortex-A9で収集データを処理し、処理結果をPCにUSB3.0で高速転送することで、リアルタイム性の高いシステムを構築できます。
 
img_ds_ex01.png